時間があったのでトイレを100均の商品を使ってプチリフォームしてみました!

時間があったのでトイレを100均の商品を使ってプチリフォームしてみました!

トイレのプチリフォームをしてみました。

100均の商品を使ってですね。

いつも、ダイソーさんとセリアさんを利用しています。

 

本当に、様々なものが安く購入できるようになってありがたいですね。

では、どうしてこの時期かというと2つの理由から。

 

1つは、予約は入っていたけど比較的忙しくなかったから。

もう1つはこれから満室状態が続くので、その前により快適なトイレにしたかったからですね。

 

で、今からの商品は女性専用トイレではなく、男性がメインで使っているトイレです。(一応男女共用としていますが)

※女性専用のトイレはもっとおしゃれでキレイです。

 

では、そのリフォーム前の写真を。

これがトイレ現状でした。

今の時期に和式・・・と思うでしょう。

 

ただ、さすがにこの状態ではお客さんの満足度は高くならないので、こういう商品を購入してお客さんに使ってもらっていました。

これはですね、和式トイレを洋式トイレに変更することができる商品なんですね。

価格は4000円ぐらい。

 

でも、この商品のデメリットは、

  • ズレる
  • 便座が冷たい

というのがあって、僕は気に入らなかったんですね。

 

でも、かといって十分な利益もあがっていない中で、ここにお金をかけるわけにはいかないという葛藤もあって、ずるずるきていました。

 

ですが、1年経ち利益も増えたため思い切ってプチリフォームをしてみたんですね。

 

で、まずはどうしたかというと、ネットで情報収集。

和式のトイレを洋式に変更した画像を探したんですよね。

 

もちろん、配管までいじっちゃうと何十万円もいるので、それはパス。

だから、いかにお金をかけずにおしゃれに変更した画像はないか確認してみました。

 

そしたらですね、2〜3枚の写真を見つけたんですね。

『よし、これとこの部分をミックスしよう』と決めました。

 

で、その次は測量。

徹底的に測量をしました。

 

その後、ダイソーさんへ。

先程も書きましたが、ありがたいことにおしゃれに見える商品が100円で売られているんですよね。

だから、測量図面に照らし合わせながら商品を購入しました。

 

その金額約3000円。

で、実際に施行します。

これは、途中の状態。

ピンクのタイルの上にダイソーさんの商品をつけてみたんですね。

ちなみに、僕が個人的にほめてほしいところがここ。

この施行方法は、

  • 馬踏み目地
  • 馬目地
  • 破れ目地

などと呼ぶようです。

 

引き続きぺたぺたとタイルにダイソーの商品を貼っていきます。

そして、完成した画像がこちら。

また、便器も暖房便座の商品に変更。

こちらはアマゾンで13000円ぐらいかかりました。

だから、今回のプチリフォームにかかった費用は合計16000円程度ですね。

 

和式のトレイが思った以上に変化したので、嬉しい限りです。

本当は、床材も購入していたのですが、今の所施行は控えています。

 

また、今回この画像でアクセントになっているのが、見切り材ですね。

見切り材とは、この部分ですね。

この色を窓枠の色にあわせて塗装し、そしてダンボールで作った棚板の色も合わせました。

こういう濃い色を入れることで一気に空間が締まった感じがしますよね。

 

このように素材が違うもの同士が隣あう場合は、見切り材を1本いれるがおすすめです。

これから多くのゲストさんがお越しになるので楽しみです。