日本在住のインド人カップルさんにご宿泊いただきました

日本在住のインド人カップルさんにご宿泊いただきました

インド人カップルさんにご宿泊いただきました。

基本的に英語での会話だったので、ずっと英語でお話しをしていたのですがお2人同士で会話をされている言葉が今まで聞いたことがない言葉でした。

思わず『それは何語なの?』と聞いてしまったほど。

すると、『Kannada(カンナダ)』語と教えてくれました。ここで、カンナダ語についてwikipediaを引用して説明したいと思います。

カンナダ語(カンナダご、ಕನ್ನಡ、英: Kannada)は、ドラヴィダ語族の中でもっとも古い言語の一つで、2001年時点で約3770万人の話者人口を持ち、多様な方言に分かれている。南インド4州の一つ、カルナータカ州の公用語である。独自の文字、カンナダ文字が使われる。まれにカナラ語と称されることもある。

引用元:wikipedia

今調べるとすごい言語ですね。間近でそれを体験できるとは幸せな人生だなと。

また、男性ゲストさんは3ヶ月で日本語をある程度マスターされたとのことで、たしかに全く問題なく僕とコミュニケーションが取れてます。(女性ゲストさんは英語ですね)

僕は英語で相当な苦労をしたので、彼の努力量と優秀さに脱帽ですね、ほんと。

とても優しい話やすい雰囲気の良いカップルさんでした。

これからも旅を続けられるとのことなので、気をつけて安全運転で旅行を楽しんでほしいと思います。